TOPページ > 鼓動館ブログ永久保存版 > ショベル、EVOと現行モデルTwin-camの決定的な違い。

ハーレー 中古

ショベル、EVOと現行モデルTwin-camの決定的な違い。


EVOまでのHarley-Davidsonが何故に面白いのか?
Twin-camと何が違うのか?をちょっとわかりやすく説明してみます。

何故?ショベルやEVOまでのエンジンは?
@ 底から突き上げられるようなトルクがあるのか?
A 5速(ショベル4速)で最低40km/hまで落としても走り、そこから加速してくれるエン
  ジンなのか?
B ポテコンポテコンと綺麗な三拍子が奏でるのか?
C 上り坂でドコドコとシフトダウンしなくても力強く登ってくれるのか?
D 追い越しを掛ける際にシフトダウンしなくてもアクセルだけで楽々と追い越せるのか?
E 心地よい振動があるのか?

それらをトータル的に乗り味が「面白い!」ってなるんです。
82027007-s.jpg


1999年までEVOのエンジンでした。
当時クリントン大統領政権の時にトラックの物流を早く動かしアメリカの経済効果を上げる
為、今までフリーウェーの制限速度が65mile(104km/h)から80mile(128km/h)に引き上げ
規制緩和を行いました。
今までのEVOやショベルでは128km/hだと振動が激しくなるので、振動を抑えて高回転型の
エンジンの開発に迫られたHarley-Davidsonが新たに開発したエンジンがTwin-camです。
なので80mile(128km/h)で走っても振動がなくスムーズなエンジンになりました。

Harley-Davidsonのエンジンはナックルから現行モデルまで基本は全く変わっていません。
OHVのエンジン構造は殆ど同じなんです。

では、何が変わったのか?

一番大きな変化がフライホイルです。
下記がEVOまでのフライホイルです。Harley-Davidsonのエンジンの目的はこの鉄アレーのよ
うな重たいフライホイルを回す為にピストンがある!と言っても過言ではありません。
2e9990fe-s.jpg


ただこの重たいフライホイルだと高回転型のエンジンではなく、あくまでも65mile(104km/h)で心地よくトルク重視のエンジンだったが、フリーウェー規制緩和で80mile(128km/h)でも快適なエンジンの開発に迫られた。
それでフライホイルを軽量化し振動を抑えてカムを2本にして高回転型にして生まれたのが現行モデルのTwin-camです。

これがTwin-camのフライホイルです。薄く軽くなったのが一目瞭然。
d9eb1205-s.jpg


数年前に本国のHarley-Davidson博物館でその動きが解りやすい展示物がありました。
これはナックルのフライホイルです。
ちなみにアメリカでは三拍子をPotato♪て言います。



三拍子。
これはあくまでも「おまけ」です。Harley-Davidsonが三拍子を出す為に重たいフライホイ
ルを開発した訳ではない。ただこの重いフライホイルの回転する惰性が強く低回転でも止ま
らない状態に起こるのが三拍子です。
逆に軽いフライホイルだとその粘りがなくなるので低回転にするとエンジンが止まってしま
い三拍子が出ないんです。

わかって頂けましたでしょうか?

でも、昨年アメリカ大陸横断をEVOで6400km走破したけれど、面白かった印象しか残って
いません。
サウンド、乗り味、どれも最高です。
実際には80mike(128km/h)で一日中走行していても全く問題はありませんでした。
殆どのフリーウェーは制限速度75mile(120km/h)なので快適そのものです。
d9eb1205-s.jpg


むしろ音楽を聞かないと退屈だったドノーマルのレンタルの新車のウルトラとは比較にならな
い面白さでしたよ。これは車に乗っている時にラジオか音楽を聴いてないと退屈な理由と同じ
です。
ウルトラだと平坦な道なら問題ありませんでしたが、スコットのEVOに上り坂で付いていけな
いストレスの方が大きく、シフトダウンしてグィ〜ン!て回転数あげないと追いつかないイラ
イラした事と退屈だったイメージしか残っていません。
現行インジェクションモデルはマフラーとコンピューターをカスタムしないと解消しません。
ノーマルではとっても辛いです。

一生物のHarley-Davidson、エンジンのチョイスが一番大切です。
10年20年乗り続けても、一生乗り続けても飽きないHarley-Davidsonを慎重に選んで下さい。
spacer.gif